MENU

DIY 工具ビギナー仕様よりプロユーザー仕様をオススメ!

こんにちはサッシ屋のAKIです!

皆さん、DIYで使う工具!初めてだし安いのでいいやって選んでませんか?

もう少し考えて買った方が、あとで後悔せずにすみますよ。

私はプロユーザー仕様の工具をオススメします!

もちろんホームセンターなどで、売られているmakita・HiKOKI・RYOBIなど以外の工具が使えないわけではないです。

出典:dcm diyclub.com

ただハイエンドモデルを手に取って、使ってもらえばすぐに実感できます!回転のブレの少なさ、スムーズなビス・ネジの締め付け、取り回しの良さ、パワーの違い!ストレスの無い使用感!

どこを見ても優秀です!

そんな中から、今回はインパクトドライバーについて紹介したいと思います。

目次

インパクトドライバーはDIYの必須アイテムの1つ!

DIYの作業のなかで、インパクトドライバーは、1番使う出番が多い工具だと思います。

DIYで木材をつかって棚・机・イスなどを作る時、木と木を組むのにビスを使って組み立てる方法を選ぶのがほとんどです!

なので、手回しのプラスドライバーではどうにもビスをねじ込めません!出来て1・2本が限界で腕がパンパンになるかと……

そんな時、インパクトドライバーがあれば、ラクラクとビスをねじ込む事ができます!

ねじ込む事が出来るのだったら、どんなインパクトドライバー使っても、一緒じゃないですか?って思いますよね!

全然違うんです!私は初心者の方ほど、プロユーザー仕様を使って欲しいと思います。

例えば、ビスを10本ねじ込む作業をするとします!ハイエンドモデルのものと、ホームセンターモデルのもので比較したら、

                     半分以上とはいいませんが、4・5本の差をつけてハイエンドモデルが早くねじ込み終わると思います!

                     その差がうまれる理由は、軸のブレが少なくねじ込みやすいのと、やはりパワーがある事です!

木材の硬さに負けないので、ビスの頭とビットがしっかり食い込み外れにくいです!

                     それがホームセンターモデルのものだと、少しスイッチを握っただけで、勢い良く回ってしまって、ビスとビットがすぐ外れて上手くねじ込めなかったり!

                     パワーが無いので、ビスの頭が滑り安く、頭がズルズルになりやすいです!

こんな感じですね!

こうなると、ねじ込めないし、戻らないし、どうにもなりません。

こんなストレスをハイエンドモデルを使うことにより解消しましょ!

                     細かなモード切り替えもできるので、シーンに合わせて強さを調整!

出典:マキタカタログ

ホームセンターモデルの価格帯ではここまで期待はできません。

まずは電動切断工具よりも穴あけ・締め付けの電動工具を

電動の切断工具もゆくゆくは必要になってきますが、DIYで使う木材は2×4材や杉材など、比較的やわらかい木材が多いと思います!

なので丸ノコやスライド丸ノコといった、電動の切断工具ではなくても十分、手ノコで切断することが可能です。

                     ビスは手ではねじ込むことは難しいですよね!なので順番的には切断ではなく、ネジの締め込みを優先してインパクトドライバーを買いましょう。

DIY工具まとめ

ハイエンドモデルを推して話してきましたが、本当にホームセンターモデルが使えないわけではないのでそこはお間違えなく!

ただ、キレイに仕上げたい、ストレスなく作業したいと思う方!

5000円〜10000円だすのであればもう15000円ほど貯めてハイエンドモデルをオススメします!

安全で楽しいDIY LIFEを!

                     サッシ屋のAKIでした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッシ屋を15年(今現在も)やっているAKIです!仕事でインパクトドライバー・ドリルドライバー等の電動工具を使う事が多く、壁やアルミ・鉄・木材に穴をあけサッシを取り付けています。
電動工具を集めるのが趣味で少ないお小遣いを貯め少しずつ工具を増やしてます(笑)
皆さんに少しでも役に立つ情報があれば幸いです!

コメント

コメントする

目次