MENU

勝手口ドアを取り替えリフォーム

[voice icon=”https://reform-n.com/wp-content/uploads/2020/03/3fad9171-7aec-401f-8831-4b107caa51f7.jpg” name=”” type=”l”]勝手口のドアって、本体だけ取り替えできないのかな?[/voice]

[aside type=”boader”]

・取り替えすることは可能です

・機能をアップすることもできます

[/aside]

この記事ではそんな勝手口の悩みを解決できる内容になっています。

勝手口を取り替えるといいましても、取り替え方には何種類か方法がありまして、3つの方法を紹介していきます!

勝手口を取り替える3つの方法

この3つの方法すべてに共通しますが、古い枠は外しません!

古い枠を外さないと言うことは、壁を切ったり、余分な工事を必要としない為、費用を抑える事ができます。

安くすませて、キレイになるって、単純に嬉しいですよね!

目次

①勝手口本体を同じように取り替える

この方法が、1番『費用も安く』『工事時間早いです。

古い本体を外し、丁番部分を新しい勝手口へ加工し直し丁番を付けて、後は同じように枠へ戻せば完成です!

工事時間 1時間〜1時間半
価格 15000円〜30000円

※価格は目安です。参考までに

②機能アップした勝手口に取り替える

1つ目の方法と工事内容は変わりませんが、次は機能の付いた勝手口へ替えることも可能です!

古い勝手口ですと、開け閉めと鍵を掛けるくらいの機能しかありません。

夏場ここを網戸に出来たら涼しいだろうなぁ!

ドアを閉めた状態で換気したいなぁ!

こんな機能を追加した勝手口を『採風勝手口ドア』といいドア閉めたまま、風を取り込む事ができます。

網戸と格子が付いていますので、虫は勿論、勝手口を開けることなく風を取り込めるので、小動物などの入り込むこともなく、格子があることで防犯性も良くなります。

工事時間 1時間〜1時間半
価格 45000円〜50000円

※価格は目安です。参考までに

③カバー工法で見た目も機能のアップした勝手口に取り替える

カバー工法も古い本体を外し、古い枠を残すまでは同じです。

①と②の方法と違うのは、カバー工法は枠も新しく付けるので、新品の見た目になります。

カバーと名の通り古い枠を隠すことで、新品の見た目にすることができるのです!

この方法は、枠の取り付けや、古い枠を隠すという工事がある為、他の方法と比べると時間がかかります。

工事時間 半日以上から1日
価格 18万円〜30万円

※価格は目安です。参考までに

3つの方法で勝手口を替えるメリット・デメリット

①の方法に関しては、本体がキレイになることだけがメリットです。

②の方法は、風を取り込める=換気が出来る、格子が付くので防犯性のアップができます。

①と②のデメリットは本体だけしか取り替えないので、本体がキレイになっても古い枠が見えてしまうと言うことですね!

③の方法では、見た目と機能の両方で解決できます!

ただ、この方法は古い枠の上に新しい枠を付けるので、有効開口が少し狭くなるのと、取り付け方によっては、下枠で段差ができます!

勝手口取り替えはオススメのリフォームです

勝手口の取り替えを説明してきましたが、どの取り替え方法にも、少しのデメリットはあります。

このデメリットが気にならないくらいのメリットは大いにあります!

勝手口を取り替えしたいと思ってる方は勿論、キッチンをリフォームされた人の中にはせっかくキッチンや床を張り替えてキレイになったのに奥に見える勝手口だけがちょっと…

なんて思ってる人もにもプラスで勝手口リフォームをオススメします!

皆さんのリフォームに合った、勝手口を選んでみてはいかがでしょう。

サッシ屋のAKIでした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッシ屋を15年(今現在も)やっているAKIです!仕事でインパクトドライバー・ドリルドライバー等の電動工具を使う事が多く、壁やアルミ・鉄・木材に穴をあけサッシを取り付けています。
電動工具を集めるのが趣味で少ないお小遣いを貯め少しずつ工具を増やしてます(笑)
皆さんに少しでも役に立つ情報があれば幸いです!

コメント

コメントする

目次