MENU

暑い日差し・西日対策にスタイルシェードで涼しい窓辺作り

こんにちは、サッシ屋のAKIです。

夏、窓からの暑い日差し・西日『どうにか遮りたい!』『少しでも涼しくしたい!』

毎年、夏が来るたび、上記のような悩みがでてきてお困りの方も多いのではないでしょうか。

私もそのうちの1人でした。カーテンを閉めて窓を開けてみたり、室内にロールスクリーンを付けてみたり色々試した結果!

日差し・熱は窓の内側ではなく、窓の外側で遮る方が効果的だということに気づき、私はスタイルシェードの設置にたどりつき、今ではなくてはならないアイテムになりました。

[aside type=”boader”]※シェードの主な効果
・強い日差しのカット
・冷房効率アップ
・熱中症予防
[/aside]

目次

スタイルシェードで日差しをカット

シェードで日差しを遮る

夏は、ただでさえ暑いのにそれに加えて、日差しもジリジリと照り付けてほんと嫌になります。

窓から差し込む日差しは、窓から直接入る以外にも、外枠(アルミ部分)にあたりグングン熱を吸収し室内へ熱を送り込んできます。

この暑い時期に窓やドアなどの、開口部に近づくとすごい熱気がありますよね、『ムッ』と温度が変わるあの場所!サッシのアルミ部分が日差しで熱されて、熱を帯びているからです!

簡単に言うなら、アツアツの鉄板を窓にぶら下げてるイメージですね(^^;;

なので、日差しは家の内側ではなく外側で遮らなければ、効率的とはいえません!

シェードで熱を抑えて冷房効率をアップ

熱を帯びた部屋をクーラーでいくら冷やそうとしても、なかなか冷えないし、早く涼しくしたいが為にどんどん設定温度を下げる!

こんな行動してませんか?ほんとに効率が悪いですよ!

出典:LIXILカタログ

シェードを設置していない窓は、上記画像の左側のように真っ赤に熱を溜めています。

なので、いくら部屋を冷やそうと冷房をつけたところで、窓の熱気に負けてしまい、なかなか冷えないのです!

画像右側のように、シェードでサッシ温度の上昇を下げることで、素早く部屋を冷やせるので冷房効率アップが見込めます。

早く部屋を冷やすことができれば、設定温度をそこまで下げなくてもいいので、夏場の電気代節約にも大いに貢献してくれます!

シェードで室内熱中症予防!

シェード取り付けで、得られる効果に熱中症予防があります!

出典元:総務省消防庁令和元年11月報道発表資料より

毎年、夏に熱中症で救急搬送される人があとをたたず、年間71000人もの人が搬送されています。その中でも、室内で熱中症にかかる人が全体の4割を占めています!

このことから、熱中症に対して、室内の温度が重要かがわかると思います。

夏場、室内に入ってくる熱の70%は、窓などの開口部と言われていて、その開口部にシェードを設置することで、熱を3.5℃も下げることができます。

窓辺の温度を下げると、窓から入り込む風は涼しくなり、冷房の効くすごしやすい部屋ができるので、熱中症にも効果があると言うことです!

[aside type=”warning”]注意 熱中症対策は
・こまめな水分(塩分)補給
・十分な睡眠
だよこれらを踏まえた上で室内温度などを考えましょう!
[/aside]

スタイルシェードは使いやすく見た目もスッキリ

使いやすくて・操作が簡単!

使う側としてやはり操作が簡単なのは、嬉しいことですよね(^^)

よさそうだから付けてみたけど、使い方がわかりにくかったり、操作しずらいと使用頻度が減りせっかくあるのに勿体ないです!

スタイルシェードは、そんな心配はいりません使いたい時に『サッとひっぱり出してフックにかける』だけ、たったこれだけで日陰をつくれます!

出典:LIXILカタログ

出す時が簡単なら仕舞う時も同じく、フックから外して、手を離すだけでスルスルっと収納されます。閉まる最後の15センチほどはブレーキがかかりゆっくりしまるので、勢いよく上がって音がなったり、部品を破損するなんてこともないので安心してつかえます。

見た目もスッキリ

次に気になるのは見た目ですね!安価なものだと、吊り下げるだけ、立て掛けるだけ、出したらひと夏出しっぱなしなんて事もあるでしょう!

片付けるまで部屋が薄暗いというのも嫌ですし、やはり使わない時は収納できている方が窓周りもスッキリします。

上記の画像は、本体が設置されている状態ですが違和感はほぼ無いです!どうですか?

このように、スタイルシェードは見た目もチョースッキリしてます(^^)

選べる生地タイプ

スタイルシェードは生地を選ぶことが可能です、市販品ではブラウン・ブラックが売られている事が多いですが、スタイルシェードでは9種類の生地から選ぶ事ができます!

ボーダー柄のデザインタイプとシンプルな柄のベーシックタイプがあり、ご自宅の雰囲気合わせて選んでみてはいかがですか!

色やデザインによって、性能が少しずつ違うので注意しましょう。

次の画像から性能確認してみてください!

出典:LIXILカタログ

スタイルシェードは工事もスピーディー

専用金物で穴を開けずに取り付け

自宅のサッシがメーカーの出している寸法範囲であれば、壁やサッシに穴を開けることなく、専用の金物で取り付けができます。

家やサッシに穴を開けたくない方には、より候補にしやすい商品です!

出典:LIXILカタログ

条件を満たすことができないサッシは、壁やサッシに穴開けが必要です!

取り付けができないということではないのでご安心ください。

穴あけが必要な工事でも、1台30〜40分で完了。

設置場所が1階であれば工事も外部だけで終わるので、バタバタ時間が無くても、職人さんに任せていればあっという間に終わるほどの時間で付いちゃいます!

工事費(参考程度にお考えください)

本体価格が1番小さいサイズで25000円〜になっています!ここに取り付け費が5000〜7000円プラスされ、主張費などが2000円程かかります!

あくまでも目安なので、これより安くなる事も高くなることもありますので、取り付けをお願いする業者さんに見積もりを出して貰って検討してください^^;

まとめ

ホームセンターなどに置いてある、簡易的なシェードに比べると、やはり値段が高く(←唯一のデメリット)手がだしにくい感はありますが使い易さ・見た目・機能性を見るとその金額を出した価値は十分に得られます。

私も、スタイルシェードを付けてから、夏になると使いますし、ちょっとした目隠しにもなります!カーテンを全開にしてもシェードで目隠しになるので、通りがかりの人の視線も気にならず、重宝しています。

種類も多くきっと、あなたの自宅に合うシェードあります!

一度検討してみてはいかがですか!

サッシ屋のAKIでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッシ屋を15年(今現在も)やっているAKIです!仕事でインパクトドライバー・ドリルドライバー等の電動工具を使う事が多く、壁やアルミ・鉄・木材に穴をあけサッシを取り付けています。
電動工具を集めるのが趣味で少ないお小遣いを貯め少しずつ工具を増やしてます(笑)
皆さんに少しでも役に立つ情報があれば幸いです!

コメント

コメントする

目次