MENU

マキタ ジグソー4329を使ってみた感想

こんにちはサッシ屋のAKIです!

今回はマキタのジグソーを使った使用感を書いていきます。

ジグソーが気になってる方、これから買おうと思ってる方、買って損はないです!

僕は、24ミリの構造用合板を丸形に切り抜きたい為、ジグソーの購入に踏み切りました。

[aside type=”boader”]ジグソーってどうなの?
・上手く切れるの?
・丸ノコでいんじゃない?
・バッテリー式とコード式どっちがいい?
[/aside]

こういった方の購入の後押しになればと、この記事を書きました。

目次

マキタ ジグソー4329

上手く切れるの?

僕は、今回初めてジグソーを使いました。この画像のように、分厚い板を丸に抜く作業での使用でした。

多少の歪みはでましたが、ゆっくり切り進めていくことで、かなりの精度で思いどおりの切り抜きができます。

ジグソーの刃は、上下に高速で動いているだけなので、安心して作業できますし、本体の安定もすごくよかったです。

なので、初心者の方でも十分に扱えて、上手く切ることが可能です。

[aside type=”warning”]注意
・切る物の材質
・切るスピード
この2つの変化があると、刃が曲がりながら進んで切り口の直角がでなかったり、波打つ原因になるので注意して下さい。
[/aside]

丸ノコでいんじゃない?

確かに丸ノコだと、分厚い木材や硬い木材を難なく切ることができますし、切断能力も格段に上回ります!

しかし、丸ノコは直線の切断能力は抜群でも、木材の途中で曲げながら切ることはできません!

稀に、ネット上で丸ノコでもこんなやり方をすれば、木材を丸カットできます!みたいな物を目にしたことがありますが、僕は危険行為だとしか思いませんでした。

丸ノコで無理に進行方向を曲げると、木材と木材に刃が挟まりキックバックを起こしとても危険です!(キックバックとは刃が木材同士に挟まり、回転の勢いで丸ノコが弾かれること!)

そうなると、ジグソーの本領発揮ですね!

丸形や波形に切ったり、工夫1つで木材の中だけを切り抜くこももできます。

僕は、直線は『丸ノコ』曲線は『ジグソー』で使いわけることにしました!

バッテリー式とコード式どっちがいい?

僕は、コード式を購入しています!今回紹介している『マキタ ジグソー4329』はコード式のジグソーになっているので、バッテリー式の仕様はありません。

でも、ちゃんとジグソーにもバッテリー式のモデルもありますので、バッテリー式を購入することは可能です!

僕が、購入時に迷ったのは価格でした、コード式で12000円程度、バッテリー式になると本体のみで28000円と倍以上になります。

バッテリーや充電器を持っていないと、45000円程とかなり高額になってしまいます。

取り回しの良さや、電源の無い場所での作業ではバッテリー式の方が、明らかなメリットがありますが、価格の差ほどの、切断能力に差はないので、強くバッテリー式を望まないかぎりはコード式で十分です!

コード式だからといって、作業中にどうもコードが邪魔で作業に集中できないということもありませんでした。

まとめ

今回、1機種のジグソーの記事でしたが、マキタのジグソーには、バッテリー式で5機種、コード式で4機種、計9機種のラインナップがありますので、価格や作業内容にあったジグソーを選び、物作りの幅をうんと広げてみてはいかがでしょうか。

サッシ屋のAKIでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

サッシ屋を15年(今現在も)やっているAKIです!仕事でインパクトドライバー・ドリルドライバー等の電動工具を使う事が多く、壁やアルミ・鉄・木材に穴をあけサッシを取り付けています。
電動工具を集めるのが趣味で少ないお小遣いを貯め少しずつ工具を増やしてます(笑)
皆さんに少しでも役に立つ情報があれば幸いです!

コメント

コメントする

目次